資格を取って美味なるコーヒーを提供する【カフェオープンを目指す】

試験内容を知ろう

女性

実施団体による違い

コーヒーに関する勉強を行っていくと、その資格を取得したいということがある。資格を取得することは知識を付けるためのモチベーションになったり、その資格を所有していることで知識を持っていることを示せるためである。コーヒーについては、公的資格は存在しておらず民間が実施する検定が中心になっている。その為、検定試験の実施時期や実施頻度、難易度などに付いてもそれぞれの試験により異なっている。コーヒーに関する資格試験では、インターネット上で申込み受付をしているケースが多く、これらから申し込むことで簡単に受験することができる。試験の中には、事前に講習などを受けた上でないと試験受験できないものもあるため、それらについては講習とセットで受ける必要がある。コーヒーに関する資格試験では、知識を問う問題に加え、実技試験を実施しているものも多い。実技試験では、コーヒーの淹れ方に関する内容や種類の違いの見分け方を問う問題が出される場合などもある。筆記に関する試験では、ネットで受講できる試験もあり手軽に受けることができる。これらの試験を受けるためには、事前に学校などで学習することの他、独学で学習を進めておくなどの方法がある。また、民間団体が実施する試験により試験傾向が大きく変わることもある。その為、受験する資格試験について過去問題などで傾向を把握しておくことや重視している内容を事前に抑えて受験すると資格取得しやすくなる。